私は35年看護師として働いています。

その中でいつも思うことは、現状の医療保険・介護保険制度の中での看護や介護では、利用者さまやご家族の要望に応えられないということです。

ご本人・ご家族の要望に合わせたの看護・介護の提供を行うことで

住み慣れたご自宅やあるいは病院や施設に滞在中でも、忙しいご家族の代わりになることで不安をなくすことができるし

患者さま、ご利用者さまにとっても、ご自分の思いをあきらめることなく叶えることがしやすいようになります。

保険制度の制限のある看護や介護では実現できない「困った時に手を差し伸べる援助」が利用できます。

また、あきらめていたことをサポートしご家族の代行として、看護や介護を提供する自費で行う家族支援サービスです。


ご家族の悩みや不安にも耳を傾け、患者さま・利用者さまの心に寄り添う私どもは、看護師や介護福祉士、ヘルパーの経験を生かした信頼できるサービスを提供いたします。

たった一度の人生、かけがえのないひとときを患者さま・ご利用者さまに提供し、ご家族お一人お一人に特化した唯一無二のプライベートサービスです。

ご家族のレスパイトやお手伝いや仕事で看病できないご家族の代行を目的として、普段ご家族がされているケアや、ご家族が希望される患者さま・利用者さまの身の回りのお世話をご家族に代わって行うサービスです。

したがって国家資格を持つ看護師は、ご家族が普段行なっておられるl看護行為はできますが、医師の指示の元で行なっている通常の看護師が行う医療行為は致しません。